車についての疑問やマメ知識アレコレ

自動車の燃費を良くする方法の一つにエアコンの使用方法があります。自由気ままにエアコンを使っていると、だんだん自動車の燃費というのは悪くなってしまうので、少しでも燃費を良くするために常にエアコンを付けっぱなしにした状態での走行は避けた方が良いでしょう。エアコンを使用する際にはACスイッチをオンにするかOFFにするかによっても燃費には大きな違いがあります。ACスイッチをオンにしていると、当然燃費は悪くなってしまいますから、極端に暑い場合や寒い場合でなければACスイッチをOFFにした状態でエアコンを使用すると良いです。

またエアコンを使用していると、いつの間にかフィルターが詰まっているなんていう事がありますが、エアコンのフィルターが詰まっている事に気がつかず更に強いパワーでエアコンを使用していると燃費がどんどん悪くなります。排気量の大きな車などに乗っている人は、はっきりと目に見えてガソリンメーターが減っていくのがわかるので、注意しながらエアコンを使用してください。夏場などは特に暑いのでエアコンを使用することも多くなりますが、上記したような部分に気をつけるようにしているだけで燃費を向上させることができます。

大きな車でのエアコン使用方法について

ファミリーカーのように大きな車になるとエアコンの吹き出し口はたくさんあるので、全ての吹き出し口からエアコンの風を出さず、運転席の前の部分からのみ強い風を出しているなんて言う人がいます。しかし、一つの吹き出し口から強い勢いで風を出すよりも複数の吹き出し口から分散して風を出す方が燃費が良くなりますので覚えておきましょう。軽自動車などの場合にはエアコンをつけても中々車内が冷えないなんていうことがありますが、エアコンが効いて車内が冷えるまで日差しのあるところには出ていかず、日陰でエアコンが効くのを待つなどという方法も燃費をアップさせるための手段になります。

どうしても直射日光が当たる場所に車を停めておかなければならない場合には、サンシェードなどをしっかりと置き、エンジンをかけた際にもエアコンがしっかり効いてくるまでサンシェードを取り外さずにしばらく待っているだけでも燃費の向上につながっていきます。無理に強い風を出して車内を冷やそうとしたり、温めようとするのは燃費がどんどん悪くなってしまう原因なので気をつけましょう。